gear
memory
hour
min
sec
fastener
ページが表示されない場合はここをクリックしてください

【撮影・録音に関して】

・基本的に撮影・録音は禁止となります。特別なイベントなどで撮影可能な場合はツイッター等で案内させて頂きます。

【物販】

・物販では「物販販売コーナー列」と「チェキ撮影列」に分かれます。物販販売コーナーにてグッズやチェキ券などを購入して頂き、チェキ券をご購入の方は各メンバーごとのチェキ撮影列にお並びください。
物販販売の列もチェキ撮影列もプラカードを用意しておりますので、最後尾の方はプラカードをお持ち頂きお待ちください。

【チェキに関して】

・チェキには必ず落書きをさせて頂きます。

・チェキ券を何枚ご購入頂いていても、1回撮影するとチェキ列の後に並びなおす形になります(同時に3枚まで使用可能)

・列の前から、撮影可能メンバーを優先的に撮影していきます。

・撮影時のトーク時間は60秒とさせて頂きます。(落書きする時間も込みになります)時間の経過後はスタッフがお声がけさせて頂く場合がございます。全てのお客様が楽しんで頂けるようスムーズに進行させて頂く為となりますのでご協力、ご了承をお願い致します。

・追加オプション「サイン」をご購入の方はトーク時間を90秒とさせていただきます。

・追加オプションでメンバー2人以上と一緒に撮られた場合はそのメンバーに囲まれてトーク時間は60秒となります。

・囲み(メンバー6名)のチェキを撮る場合は全員とのトーク時間を90秒とさせて頂きます。
※ワンマンなどのイベントの際はトーク時間無しで任意のメンバーがイベント名、日時、場所を書かせて頂きます。

・チェキの際のメンバーへの身体の接触は禁止とさせて頂きます。(尚、メンバーからの接触はOKとします。)

【ライブ以外】

・メンバーのTwitterを始めとするSNSやLINEなどは運営の方でも管理をしております。誹謗中傷はもちろん、個人的なお誘い、過度な連絡をとられる方は運営より返答をストップさせる場合がございますのでご了承ください。

・行動方針・アドバイスなどメンバーでは返答が出来ないものはHPの「お問い合せ」及び公式TwitterへのDMにてお問い合わせください。

・グループ及び個人メンバーへの出演依頼も同様にHPの「お問い合せ」及び公式TwitterへのDMにてお問い合わせください。

【差し入れについて】

まず以下の差し入れはNGとさせて頂きます。

・身につけるもの(服、アクセサリー、香水など)

・手作りのもの

・1万円以上のもの

・金銭に変わるもの(金券など)

ファンレターはお受けさせて頂きます。

また送る際に中身をDM又はお問い合わせにて運営にお伝えください。
到着後1度運営が開封し、不適切だと判断したものは渡すことが出来ません。
またご返送も致しかねます。

lyrics

蛍火

湿った風吹いて
伝う汗頬を撫でて
青い葉生い茂れば
夏がやって来る
君と交わした
二人だけの約束は
今でも…今でも…
この胸を埋めるせせらぎ

今年も上がる花火
どこかに忘れた二人
この夜空
流れる川
夏の奇跡を今起こして

光る空に
蘇る二人
あの頃の少年少女のまま
(還ル)
ただ一人
君に逢いたい
包む手照らす暖かな光
二人を繋ぐこの蛍火

ねぇ?君じゃなきゃダメなんだ
二人交わしたでしょ?約束
青い空、君愛した僕
この気持ちは変わらないの
寄せては返す波のように
君を連れていって
二度と触れられない遠く
分厚い雲の向こうへ

赤く咲いた花
優しく流れる川
(流れる川)
遠く遠く離れてしまっても
必ず出逢えるように
照らしていて

夜空包む
夏の星座
「今はもう消えてしまった光」
(還ル)
呟く君と
散った花火
笑顔はあの頃のままで
二人囲んで照らす蛍火

今この暗闇を
照らせ

生まれ変わっても
また出逢えるの
繋ぐこの蛍火

光る空に
蘇る二人
あの頃の少年少女のまま
(還ル)
ただ一人
君に逢いたい
包む手照らす暖かな光
二人を繋ぐこの蛍火

今この暗闇を
照らせ

さぁこの夜空を
照らせ

王冠の塔

その足で踏み込んでみて
引き返すこと出来ない迷路
覚悟は十分出来てるの
高い高い冠の塔
過激な刺激の中だって
気にも留めないわ青い紋章
踵返す一歩反応する歓声
二つの冠

重い扉開けて
真実の鐘を鳴らして
飾られた全てを
この手に入れたら
紛うことない桃色の宝石
青く光る嘆きの聖玉
恐れることなんて無いわ
運命の時間

裁きが二人を試しているの
儚い美しい
この世界結んだ誓い
痛み伴う世界だとしても
歩き続けるわ
そう行くわ
登る王冠の塔

さぁもっと素直になって
私の全てをさらけだして
終わりの無い確かな道
掴み取るただ
足跡一つも残らないくらいに白熱
堪らない
代わりはない
輝く宝石

退屈な自分に
別れを告げたら
広がる生まれる
偽りの無い自分
ありのままの姿でいいの
十分やれる間違いは無いの
恐れることなんて無いわ
運命の時間

裁きが二人を試しているの
儚い美しい
この世界結んだ誓い
痛み伴う世界だとしても
歩き続けるわ
そう行くわ
登る王冠の塔

選ばれた運命に従うように
どこまでも歩き続けて行く
そう強く
ここから
扉を開けて

さぁ今輝く王冠に眠る桃色の宝石
さぁ今輝く王冠に眠る青色の宝石
さぁ今開かれる輝きに満ちた運命の扉
さぁ今登るの栄光に満ちた金色の塔
さぁ

裁きが二人を試しているの
儚い美しい
この世界結んだ誓い
痛み伴う世界だとしても
歩き続けるわ
そう行くわ
登る王冠の塔

自分革命

あぁ大体つまんない事ばっかで
感動することなんて無くって
完全他人任せで
今日も明日が明けてく
感傷的になることって
そんな悪い事なのかって
頭ん中繰り返して
今日も今日とておしまい

“絶対”なんて言葉は絶対に無い
“愛”って言葉もよく分かんない
形だけでも分かっていたい
そんな僕許してください

自分革命起こして
あれもこれも叶えてみたい
明日のこと分かんなくたって
きっと何かが待ってる
何にも無くったって
どんな自分だって
ここに立ってるんだよ
僕にとって絶対的正義は
自分革命

ここから見える景色は
まだまだ不完全で
完全な渦は
圧倒的な風速で
掠ったくらいで
吹き飛ぶ21世紀
順番存在しない
風向き気の向くまま

気まぐれな自分と
良く似た世界
ホントの所は
同じ穴の狢
完璧に見せてる
大人の魔法
そんなものには
騙されません

自分革命起こして
こんな世界変えてみたい
常識なんて分かんなくても
きっと何かが待ってる
誰だって子どもだって
君は何だって
ここで言ってみなよ
僕にとって絶対的正義は
自分革命

あーつべこべ言ってたって結局
自分変えるしか無いんだよね

僕の言葉は絶対的標識
感覚的に変わっていく毎日
新しい僕と起こしてみればいい
君と僕とで自分革命

自分革命起こして
あれもこれも叶えてみたい
明日のこと分かんなくたって
きっと何かが待ってる
何にも無くったって
どんな自分だって
ここに立ってるんだよ
僕にとって絶対的正義は
自分革命

夏の約束

さぁ行こうよ!
どこまでも一緒に!
あの場所へ行こうよ!
僕らと一緒に!

ねぇ?いつか約束した
場所へこのまま飛んでいこう
泣き顔なんて似合わないんだから
いつものように
笑っていて

大きな苦しみが
君を悩ませて
そんな顔させてるんだよね?
どんな時も君の味方
目を閉じて指切りした夜
思い出せば扉は開く

明日も風は吹くから
晴れ渡る空
君とずっと一緒に
宇宙揺るがす壮大な
旅をしようよ!
前向いて未来目指して

さぁ行こうよ!
どこまでも一緒に!
あの場所へ行こうよ!
僕らと一緒に!

寂しそうに目伏せる君
それだけで心細くなる僕
離れていても君に会える
そんな未来の発明でもあれば
寸前のところで目覚める夢
あと少しで触れられた手のひら
消えてしまった砂浜に描いた約束

出逢えたことは他に無い奇跡で
君見つける為の手は厭わない
ほら小さな手がかり光の粉になって
空に舞う夏の光景
流れる時の中でそう
見つけたんだ

やっと君に出逢えたんだ
溢れ出す暖かな気持ち星になって
暗い空彩るよ
キラリ流れてく
僕らここから始まるんだ

明日も風は吹くから
晴れ渡る空
君とずっと一緒に
宇宙揺るがす壮大な
旅をしようよ!
前向いて未来目指して

さぁ行こうよ!
どこまでも一緒に!
あの場所へ行こうよ!
僕らと一緒に!

灰被りの夢

輝く空の下魔法をかけてほら
いま始まる物語
鏡の向こうで微笑むの

鐘の音(ね)をひとり歌うの
硝子越しの景色を眺めて
いつも抱(いだ)いていた密かな憧憬
あの夜空の中浮かぶまだ知らない別世界

願い叶うならいつか夢を見たい
色の無い日常と平凡な自分に
誰か誰か魔法と勇気をかけて
そう呟いた

鏡の向こう 吸い込まれるよう夢の世界へ
明日(あした)解けてしまう前に 想うまま駆け出すの
硝子の靴が輝いてる光を映して
心ときめくまだ見たことない私を楽しませて

雲の中へ沈んでいくように
境界線が曖昧になって見失う本当の自分
灰被っていたあの頃のまま 穢れのない心は
鳴呼薄れていく見えなくなる黒く濁っていく

生まれ変わるなら いつか見た幻想
胸躍る日常と端麗な自分の
誰も誰も本当の心を見ない
零れ落ちていく涙

作り物だらけの偽りの世界へ
明日(あした)醒めてくれるのなら そう願って踊るの
硝子の靴がひび割れてく音が響いても
戻ること出来ない鏡の外じっと見つめてる

願い叶うならいつか夢を見たい
色の無い日常と平凡な自分に
戻れるのならもう何も望まない

鏡の向こう 広がっていたのは夢の世界
所詮すべてまやかしもの虚ろな心滲んでく

時戻せるなら

憧れてただけの灰色の世界へ
明日(あした)消えてしまうとしても私強く願うの
硝子の靴が砕け散っても もう構わないわ
灰被りのまま何も知らないまま
微睡んでく曇りのない明日(あす)へと

太陽と月

日が昇る
限り無く続く地平線を越え明ける空
高く
轟かせろ神話

燃え上がる炎
時を越えて

沈まない太陽
果てない宇宙(そら)煌めく
炎より生まれた七つの星
恒星に直ちに着火
震え出す星間
願い星 紅に染まる天環

太陽に祈れ
燃え盛る炎
たちまち焦がす大星
どこまでも行こうさぁ

燃える七つに光る紅い星の下
輝き消えること無い光は太陽
暗闇眩しく照らして
現れる赤龍
薙の名の下生まれる炎
さぁ新たな和織り成す絢爛の世界が
(目を醒まして)
さぁ手を伸ばして
語り継がれる伝説が今
太陽の神話

燃え上がる炎
時を越えて

蒼い星の下生まれた滴
開かれた扉 動き出す時間
覚醒起こる信号
示す方位は高次元
大星座描き出して
暗黒の天象儀

月に祈れ
輝き出す鏡月
愛を映し出して
生まれる銀世界

落ちる七つに光る蒼い滴が今
輝き消えること無い光は月
暗闇眩しく照らして
現れる青龍
薙の名の下生まれる輝夜
さぁ新たな和織り成す絢爛の世界が
(目を醒まして)
さぁ手を伸ばして
語り継がれる伝説が今
神月の神話

真紅に燃える高熱の太陽
比類の無い至紅の伝説
荒ぶる業火 火を噴く大蛇
臨界点突破 浄化の大火
12時までの魔法の祭壇
反響する時は合わせ鏡
異次元の重力で呼び起こせよ
時間より生まれる神の青龍

紅き星 蒼き星
宇宙揺るがす神女の裁き
生み出す世界
至高の愛で
編み出せよ新時代の大和
どこまでも高く昇って
あまねく世界築く薙の世
数多の時空で
飾る乙女の
空前の夜明け
未開の神話

嗚呼求めるのは
そうただ一つだけ
止むこと無い
星の鼓動導くまま
呼び起こして
生まれる神話

燃える七つに光る紅蒼の星の下
輝き消えることの無い光は神玉
暗闇眩しく照らして
現れる神龍
薙の名の下生まれる炎
さぁ新たな和、絢爛の世界が
(目を醒まして)
さぁ手を伸ばして
語り継がれる伝説が今
新生の神話

燃え上がる炎
時を越えて

月のしずく

広がる空
流れる流星
ただ一人君の側
落ちるしずく

今開いた扉
ずっと待ち焦がれてた時来たの
少女のように熱く高まる胸
時が 時が呼んでる
一瞬で姿変える部屋
景色は淡い空
あぁこれから始まっていくんだね
怖いようで期待に満ちた心は
不思議と軽いまま
そっと風に消えた
そんな気がした

暗闇、空包んでいく頃
世界降り注いだ光
逆説的でもなくただまっすぐに
火をつけた青い導火線

照らすよどこまでも青い光で
銀色の世界に零れた
七つのしずく
世界の終焉(おわり)でも
輝く空に
一つ蒼く在って欠けない月

暗闇に描く銀河
空飛ぶ未来の飛行士
数ある星団、起きた奇跡
青い星の恵み神業
出逢い別れは女神の仕業
迷う針の制御は不能
人知を越えた高度での
終わりの来ない時空を飛行

過ぎ去っていく景色はもう過去で
怖がっていた私過去に消えて
在りもしなかった現在(いま)と
来るはずだった絶望(みらい)の
天秤を行ったり来たり
不思議な現在(いま)

大きな時計私を指した針
運命はきっと機械仕掛け
歯車辿って理想の世界へ
何度も回る過去と未来

照らすよどこまでも青い光で
誰かを優しく照らす
七つのしずく
君の側で
君を照らして
一つ蒼く在って欠けない月

願いのしずくが今日も
空へ空へ打ち上がっていく
新しく始まる世界感じて
さぁ手を伸ばして

照らすよどこまでも青い光で
銀色の世界に零れた
七つのしずく
世界の終焉(おわり)でも
輝く空に
一つ蒼く在って欠けない月

回る時空艇

回る時空艇

さぁ一緒に行こうよ!
どこまでも一緒に!
飛んで!飛んで!飛んで!飛んで!

いつまでもあるワケじゃない時間
どれだけ思い出残せるだろう?
チクタタチクタタ こうしてる間に針は進んで
出会ったことない未来へ
キミの笑顔も僕のことも
流れる映像の
一コマ ついたり消えたり繰り返すって
なんだか映写機みたいなんだ
そうだ

空浮かぶ雲ひと欠片
覗き込んだらキミと僕とで始まったんだ
予想もしてなかった大波乱と
心踊るような大きな夢
どこまでも二人でさぁ旅に出よう
時空を飛び越えて

チクタタ
チクタタタラタラ
チクタタ
タラタラタラタラ
チクタタ
チクタタタラタラ
時を越えて

あの時あったんだってことや
今から起こるかもしれないこと
ソワソワチクタクチクタク
気分、高度は急上昇
置いてけぼりにはしないでいてね
有り得ないこと起こる異次元の日常
振り切った秒針が示すキミとの温度
最終回までは遠い
楽しめる気の抜けた数話
ねぇねぇ?

台風の目に乗って
このままどこまでも果てなく流されていったら
見たことないような未来と
新たな自分に出会えるんだって
遠い昔どこかで聞いたおとぎ話
さぁ飛び込んでみよ?

チクタタ
チクタタタラタラ
チクタタ
タラタラタラタラ
チクタタ
チクタタタラタラ
時を越えて

数ある世界で君と出会ったんだ
やり直しなんて必要のない運命
雲の切れ間に広がってる世界が
果てなく広く 大きく青く
待ってるから

チクタタ
チクタタタラタラ

チクタタ
チクタタタラタラ
チクタタ
タラタラタラタラ
チクタタ
チクタタタラタラ
時を越えて
チクタタ
チクタタタラタラ
チクタタ
タラタラタラタラ
チクタタ
チクタタタラタラ
時を越えて

チクタタ
チクタタタラタラ

間違いさがし

間違いだらけでも善いの
鈍色の今日と間違いさがして
そうして炭に成った自我を見つめて居るだけ

目が眩む鮮やかな色埋もれ
一端の理屈並べ立てる
下等な嘘暴き立てたら
一体何に為るだろう?

端程も繋がらない情報
運んで 運んで
立派な蜂に御成りなさいと
口元微笑み浮かべてるわ

どれも間違いだらけの
歪な罠に嵌ってくるくる遊んでるだけ
別に求める事は無いの
楽しめれば良いの
間違いさがしでもして暇潰し
飽き飽きしてる人混みの
栓を抜くだけ
ケタケタって共感性羞恥
感じれば良いの
間違いなんて無いの

あぁ之も之も空白の産物
誰と彼とがグルでするする
潜る抜け道
一々気にしない集団犯罪
変わる代わる現れる登場人物
すげ替えるだけ
結論は同じ論理

心音を如何なる時も
保て 保て
温室育ちのおべんちゃらでは
学びが在りはしないわ

どれも間違いだらけね
なのに十辺程もなぞった
嘘を塗り固め
蝶よ花よは五月蝿いわ
捨てればいいの
間違いさがしも飽きたら
生もたちまち綺麗にしてさぁ御終い
屑を集めた欠片じゃ
成りはしない

間違いだらけなのに
妙に擽る傷跡継ぎ接ぎで塞いで
蓋をしたって無駄と云うのに
今日も探してる
間違いさがし

間違いだらけの
歪な罠に嵌ってくるくる遊んでるだけ
別に求める事は無いの
楽しめれば良いの
間違いさがしでもして暇潰し
飽き飽きしてる人混みの
栓を抜くだけ
ケタケタって共感性羞恥
感じれば良いの
間違いなんて無いの

新約輝夜

永遠の闇が包む降る常世に
一辺の望みも無い無常の理に
神代は終わり告げる衆の咽ぶ様
終焉迎えて行人は歌う古伝の賛歌を
争う
天に反する己が良き望みのまま
悲しげ
見つめる花の朽ちて枯れるを置いたまま
狂わす
この世の狂気 和相反する驍の性
光失くした世界でも
君照らしていたい

蒼い月が世界を照らす夜
穢れ無き輝く花咲くと云う
宝石にも似た瞳
淡く傍らに咲く月光花
一粒の涙で狂った世界を
白夜に変えて
月二還ル

真っ白な世界でただ
あなたを想ってるの
あぁ 沈まない月の夜に
白銀に光る砂が消える
あなたを連れて
戻らない夢の続きを見せて
白に染まったかぐやの夢

静まり返る夜
芸術的な静寂
波紋に変わりゆく空に
愛を謳う君
古から変わらない気持ち
ただ一つ
永遠の
愛を知ったの
翳ることの無い
黄金色の星
たちどころに星は光る
二人迎えるように発光
強く夜空照らす
だけどそこに君はいない

蒼い月が世界を照らす夜
悲しみは光り大地覆うと云う
溢れた涙が輝かせる竹は
天空を目指して
月の光さえ届かない
暗黒へ誘って
月二還ル

真っ白な世界でただ
あなたを想ってるの
あぁ 沈まない月の夜に
白銀に光る砂が消える
あなたを連れて
戻らない夢の続きを見せて
白に染まったかぐやの夢

枝を入れても、衣を入れても
鉢、珠、貝を入れても
どんな宝を入れてみても
あぁ何も変わらないな

全て真っ白に染まって

絶えた君は戻らないの
時の魔法でも無い限り
でもこの世界には時は無いの
あぁ美しい
欠けることの無い
白銀の世界

真っ白な世界でただ
あなたを想ってるの
あぁ 沈まない月の夜に
白銀に光る砂が消える
あなたを連れて
戻らない夢の続きを見せて
白に染まったかぐやの夢

あなたの居ない世界が永遠に続くの
零した涙は「三日月」と呼んで
ただ一人あなたを待っているの
あぁ待っているわ

眠り醒めない祭

空舞い降りた天女

今夜眠れない夜
君も踊るでしょ?
熱くアガる鼓動
完全犯罪如く
キメろ キメろよ
降臨天女流儀で

君がいなきゃって
言う程じゃないって
だけど寂しいって
ねぇ連れ出して
街中は祭り
君と二人
辛めが好きな照れ屋紳士

こっそり二人逃避行
被る怪しげな仮装衣装
軽い二人に見えるかね?
これも余興の一つでしょ?
愛、甘美な響きに酔いしれよ諸君!
さぁどこから話そうか?
始まりの合図

今夜眠れない夜
君も踊るでしょ?
熱くアガる鼓動
完全犯罪如く
キメろ キメろよ
降臨天女流儀で

真面目なだけじゃつまんない
だけど掟は絶対守りたい
色んな僕らを見て欲しい
君の応援のコトバが何より大事
無限に広がる可能性
不可能なんて無いよ華音に
過言じゃない、反則嫌、規則は守る
遅くに帰宅は掟外でダメダメ

知らない君ドキドキ
知ってる君ワクワク
今日はみんなで踊り明かそうよ

目が合った時が始まりの合図
さぁ行こうよ!
行けるとこまで
アガり続けて

今夜眠れない夜
君も踊るでしょ?
熱くアガる鼓動
完全犯罪如く
キメろ キメろよ
降臨天女流儀で

あぁいつまでもこうして
みんなと一緒に遊んでいたいな
終わりが見える頃始まる
超時空逆行の調べ

破戒の天女の流儀
ちょっとだけの悪戯
虜にする重力
邪では無い純な光聖
震える世界の謎
解き明かせない多くの疑問に
惑い狂う逆さを向いた
蒼い烏の天女

みんなを震わすコトバ
まだまだ未熟な僕らだけど
君がいれば
君がいれば
どんな未来だって歩いていけるさ

今夜眠れない夜
君も踊るでしょ?
熱くアガる鼓動
完全犯罪如く
キメろ キメろよ
降臨天女流儀で

さぁみんな堅くならずに
そのままの自分でいいから
朝なんて来なくていい
(醒めない)
さぁ時よ止まれよ
僕らの思うままに
五つ数えたら止まる時間
(眠り醒めない)

超時空飛行

僕らのことが気になるって?
僕だって君が気になってるんだ
ここからここまでの距離だって
果てしなく遠い銀河

それでも それでも
君のとこへ行かなきゃ
零の可能性だって
光速を超えて異次元へ
さぁ時刻もうよ

君と僕とで超時空飛行
まだ見た事無い次元への旅へ
あぁこれも
あぁそれも
僕らが遺した記憶
怖がってないでただ前を向いて
あの日あの場所のあの時間へ
美しく流れる箒星乗って
もう一度飛ぼう時空飛行

やり直してみたいことがあるって
躊躇する君の手を引いて
泣いてる君、負けない君って
それだけで英雄だって

このまま どこでも
君の望むままに
舵を取っていくから
君はただ強くいればいい
さぁ時刻もうよ

君と僕とで超時空飛行
怖いものなんて何も無いよ
望んだ通り
計画通り
生まれ変わればいい
明日はきっと今日とは何もかも違う明日
確かな事は君はいない
ほんのちょっぴり浸る感傷、撫でる風が
彩るんだ時空飛行

曖昧に辿る本質へ
濁流のように流れ出して
簡単にひび割れた時空
とぐろ巻いた運命の世界線
世界操る運命の糸
抗う術探して君のもとへ

ねぇ君の ねぇ君の
君のとこへ行かなきゃ
運命だよね?
今手を伸ばして異次元へ
さぁ時刻もうよ

君と僕とで超時空飛行
まだ見た事の無い次元への旅へ
あぁこれも
あぁそれも
僕らが遺した記憶
怖がってないでただ前を向いて
あの日あの場所のあの時間へ
美しく流れる箒星乗って
もう一度飛ぼう時空飛行

僕らと超時空飛行

晴れ空

君照らす太陽になるために
もう一度始めるんだ
空は晴れだ

太陽眩しく熱に揺れる空
懐かしい気配に躍る胸の温度測定不能
誰も知らない少女のままで
その手を取って駆け出して行くんだ

不自然なまま塞ぐ未来ってヤツをさ
思うまま大空に描いて

世界は今日も晴れ、それはそう君のため
悲しみの雨の日もそばで輝いてるから
涙した昨日を愛して
前を向けば見えてくるだろう
空に架かる虹が
あぁ、今日は晴れ空

遥か時を越えて未来を視たような預言者が
世界守るために残した希望
箱を開けて飛び散った夢

ここからもう一度始めるんだ
君に会いに行くんだ
つまずいても転んでもそこに未来はある

世界は今日も晴れ、願いをかけて降る雨
孤独でも幻でも確かに降る奇跡
信じられない明日を愛して
手を取れば見えてくるだろう
未来へ架かる虹が
あぁ、今日は晴れ空

世界を照らす希望の光
こんな僕らでも構わないでしょ?
偽善語る物語はもう要らないの
強い気持ち空に向けほら!

届かない君を呼ぶ僕のこの声
叫んで枯れても
呼んで!
呼べ!
空は晴れだ

世界は今日も晴れ、それはそう君のため
悲しみの雨の日もそばで輝いてるから
涙した昨日を愛して
前を向けば見えてくるだろう
空に架かる虹が
あぁ、今日は晴れ空
空は晴れだ
届け!

風に消えないで

午前0時針刺して
解けてしまったあの夢
吹き抜けていった優しい風は
二人を乗せていくの

誰も見たことない秘密の花園で一緒に
禁断の出会いそれは
甘い果実のよう
束の間の幸せ巡る鼓動に身を委ねたら
もう会えないの

空輝く月は煌めいて
光の川が二人引き離しても
始まっていくおとぎ話
あの高い大灯台で
会えるから

あぁ消えないで大切な人
薄い雲に覆われていく姿
風が残したあの匂い
一瞬の風が連れて行くから
あぁどうして
あぁこんなに
あぁ苦しいの?
時巻き戻せたら
変わっていくの?
私達の未来
風に消えないで

月と太陽が離れられないように
私達の赤い糸繋がってる宇宙の神秘
白鳥が水遊び
二人銀河を作ったわ

月に眠る銀の神殿には
時を越えるという秘宝があるの
愛という鍵を持ったら
1.2.3で開く扉
あなた会えるかしら?

あぁ消えないで大切な人
扉くぐればもう一度会える
風が告げる苦しい真実に
心惑わされないでいて
ただあなたの
ただそばで
ただ愛して
心通わせて
何億年だって
色褪せない
二人の姿

風に吹かれて何もかもが消えていく前に
そっと閉じ込めておくのよ

落ちていく砂時計
あなたとの物語
あぁ星の音が鳴る頃に
蘇る虹の奇跡

あぁ消えないで大切な人
薄い雲に覆われていく姿
風が残したあの匂い
一瞬の風が連れて行くから
あぁどうして
あぁこんなに
あぁ苦しいの?
時巻き戻して
二人夢見た
愛した世界で逢いましょう

まほろば運命盤

ねぇ今日も月が綺麗だよ
僕らの運命試すように今日も輝く
どこまでも澄んだ空はね
会いたいって願った星が流れた跡

キレイなものだけじゃ足りなくて
不完全な軌道で回る針
全てが爆ぜて終わってしまっても
一緒にいようよ
その手、その手を繋ごう

運命なんだ さぁほら宇宙で一番の場所だ
あぁその手を挙げて
運命だから さぁほら怖がらず飛び込んでみれば
あぁ こうして世界は変わる
まほろば運命盤

ねぇ出逢えたことが嬉しくて
ほんのちょっぴり暖かな気持ちになったり
ずっとこうして一緒にいたいな
真っ直ぐ過ぎるかもだけどホントの気持ち

光を越えて果てまで行ったら
未来も過去も混ざったりして
どんなに進んだ世界だって
変わらないんだ
その手、その手を繋ごう

運命なんだ さぁほら未来へ乗せる汽車にさぁ
あぁその手を挙げて
運命だから さぁほら走り出せば変わるんだ
あぁ 夢の煙どこまでも
まほろば運命盤

熱くなる温度は今上昇
カラカラ照らすまるで太陽
ララララお決まりの音頭で
チクタク回す運命の針を

誰かの涙でさ
悲しみ消えるように
いつも見える場所に
光を描いて
暗闇を照らした「月」と呼ばれた光
僕らそれを運命と呼ぶんだ

運命なんだ さぁほら宇宙で一番の場所だ
あぁその手を挙げて
運命だから さぁほら怖がらず飛び込んでみれば
あぁ こうして世界は変わる
まほろば運命盤

君とセカイ

今回る君とセカイ
いくつもの時を越えて
今回る君とセカイ
歩き出そう新しい未来

チクタクチク
明日がやってくるよ
あの日とは違う明日
運命の羅針盤
二人占って
おどけたような顔して
僕ら振り回してく
傍観者ごとく
君はわがままだ

言葉にするでもなく
ただ現実を突き付ける
君は誰よりも文学的なのかもしれない
ねぇこの手の未来
君が望んだ未来
歩き出そう

セカイは今日も姿を変えていく
いつか見たあの場所を変えて
愛した君さえも
僕ら何度だってやり直せる
残された可能性探して
さぁ始めよう君とセカイ

今回る君とセカイ
いくつもの時を越えて
今回る君とセカイ
歩き出そう新しい未来

君から始まるセカイ
君は悲しげなまま
今日も僕見つめて溜め息つくんだろう?
僕らは無力なまま
そこにいるんじゃない
何度だって歩き出せる
君と一緒に

セカイを変える魔法は君自身に
なんでもないありふれた場所で
君を探して待ってる
明日が突き刺す冷たい針でも
僕ら強く歩き出せる
生きていこう君とセカイ

チクタクチク
時を渡る
チクタクチク
聞こえる君の声
チクタクチク
生まれ変わる
チクタクチク
僕らの物語

始まった新しい場所に
例え君がいなくても
僕らいつだって繋がってる
セカイを越えて

どうしたってセカイは姿を変えていく
愛した君も場所も置いて
それでも僕ら生きていく
セカイは今日も姿を変えていく
いつか見たあの場所を変えて
愛した君さえも
僕ら何度だってやり直せる
残された可能性探して
さぁ始めよう君とセカイ

今回る君とセカイ
いくつもの時を越えて
今回る君とセカイ
歩き出そう新しい未来

時をかける少女

今時を駆けて
会いに行くあの日の君
雲一つもない青空に今、手を伸ばして

運命の針を戻して
運命の針を回して

ねぇ?君は今も憶えてる?
二人初めて出会った並木道
心が この心が
強く動き出すのを感じたんだ
(通り抜ける風)

世界はまるで万華鏡のように
二人を映しては乱反射
行き場所を無くした光の二つの道
青く晴れた空に涙
ねぇ「ごめんね」なんて言わないで
ねぇ…

さぁ時を越えて
あの日のあの場所へ
失くした二人を取り返しに
(今駆け出して)
あの日に戻れたなら
もう一度君を見つけて
閉ざされた運命を開く
時をかける少女

時計の針をチクタク
あの日に戻せチクタク

ねぇ?君は君のままで
この世界に生きてるのかな?
怖くもある、嬉しさより
不安が勝ってるっていう矛盾
(少し違ってる空)

君は笑ってくれるのかな?
僕は上手に笑えるかな?
目の前に現れた最悪な結末
もう一度時を重ねたら
歯車は違う方へ回り出すだろうか?
あぁ…

今時を越えて
あの日のあの場所へ
世界が変わる5秒前へ
(何度だって)
今駆け出すよ
君と出会うため
閉ざされた運命を開く
時をかける少女

君を探して何回でも
あぁ運命は僕ら邪魔するだけだ
無限に繋がった糸
ただ一つの正解を求めて
どこまでも行くよ時を駆けて

さぁ時を越えて
あの日のあの場所へ
失くした二人を取り返しに
(今駆け出して)
あの日に戻れたなら
もう一度君を見つけて
閉ざされた運命を開く時をかける少女

針を戻して君に会いに行こう
針を戻せば変わるはずの世界
針を戻して君に会いに行こう
針を戻せば…
(ここから動き出す運命)
駆け出せ世界

レギュレーションについて